サイト更新日 last updated 2018-05-15

注文住宅は、「長期優良住宅」標準対応の「ソーラーサーキット」の家を続々施工中の大和建設へ!!住み心地一番の「外断熱二重通気工法の家」は、大和建設におまかせください!!

line.png

ヒントなんていうのもなんですが・・・

夏休みにキャンプに行ってきました。
今時のキャンプに行っている方だと、わかりがいいのですが・・・。
今時のテントは、ほとんどドーム型や家の形をしているのが多いですよね。
今時のテントの話は、ひとまず、置いときまして・・・

小学校の時に、「山の学習」に行かれた方は思い出してみてくださいね。
「山の学習」を経験されている方ならわかりますが、テントはオレンジ色の三角形でしたよね。全部あの形。
あれだけ。あれ一種類。他の選択肢はありませんでしたね、あの頃は。
つい20年くらい前の話ですよね。
さて、記憶の糸をたどってみてください。
テントは入り口から見ると、ほぼ正三角形でしたね。
どちらが入り口でどちらが出口かという問題はこの際おいて置きましょう。あれは、家で言うと、屋根そのものですよね。屋根だけの家。まるで屋根の小屋裏部屋みたいなものですよね。

さて、ここで少し世代が違ってくるのですが・・・。

あなたの記憶の中のテントは、いわゆる三角形の入り口ではないところ、
四角の横面は・・・

一重でしたか?それとも、二重でしたか?

そんなもん一重だったろ・・・という方と、
あれ、そういえば、「***ライオンズクラブ寄贈」とか文字があったシートが、
上からかぶさってなかったっけ・・・。

実はここがちょこっとだけ重要なんです。
一重の人は昔。二重の人が少しだけ新しい方なんですね。
一重から、二重になったのです。あのオレンジ色のテントでさえ・・・。

しかし、今考えれば、あの頃のキャンプはひどいものでした。
炊事場もトイレも虫だらけ。キャンプのテントはとても重たいし、テントをつくるのも、しまうのも大変でしたね。
テント生活は、おもしろかったけど、3角形では頭がつかえて、まともに立っていることはできませんでした。

さて、それでは現在のキャンプ場にもどりましょう。

今年行った、キャンプ場に昔のオレンジ色で3角形のテントを立てている方は、誰もいませんでした。
(突然、テントを家に置き換えれば、20年前の家には誰も住まないし、建てないということにもなりますよね?)

実は今どきのテントは全て、屋根部分も壁部分も二重になっているってご存知でしたか?

まず、中のテントを作ります。骨組み付きで。
対角線上の骨組みにぶらさげている中身のテントと言った方が正解かもしれませんね。
その後、覆いかぶせるように外のテントシートですっぽりと包み隠すのです。二重なんですね。
素材は軽くて扱いやすく、骨組みも軽くて丈夫なんですね。

今回のキャンプで1つの事件をご紹介しましょう。
テントを片付けようと思ったときに化粧中の嫁様と着替え中の子供をテントの中にいれたまま、外のテントシートの覆いをはずしたんですね。ようするに二重の屋根壁テントから、いきなり一重の屋根壁テントに・・・。

すぐに、中から、「暑ーい!!もとにもどしてー!!」という絶叫が、聞こえてきました。

片付けなきゃいけなかったので、速く出て来いと笑っていましたが・・・。

図で説明するとこのようなことになります。

テント01.png
テント02.png
テント03.png

(これまた、強引に突然、家に置き換えますと、快適だった家から、快適ではない家にはもどれないということでしょうか。)

さて、ヒントはここまでです。

もういちど問いかけます。

あなたは・・・
◆「在来工法」の4文字だけで家を決定してしまいますか?
◆「外観」、「間取り」だけで家を決定してしまいますか?
◆「価格」だけで家を決定してしまいますか?
◆「新工法」だけで家を決定してしまいますか?
◆「親戚が大工」とか「知り合いが大工」、「近所の大工」それで決定してしまいますか?
◆「広告がきれい」とか「大手だから」で決定してしまいますか?