快適空間のしくみ

HOME > 快適空間のしくみ

夏涼しく冬あたたかい、快適空間のしくみ

Espaceは「高性能外断熱工法」が標準施工の新しい規格住宅!これが最大の特徴です!
快適空間のしくみ01a.jpg快適空間のしくみ01a.jpg

外断熱が指示される理由。
それは包むようなあたたかさと結露の少なさ。

外断熱は、基礎から壁、屋根の上まで、ボード状断熱材ですっぽり覆うことで、家全体を断熱する工法です。気密性も高いため家全体があたためられ、居室だけでなく小屋裏や床下まで有効に使うことが出来ます。たとえば家中がリビングのあたたかさで包まれる、といったイメージです。高性能断熱材を使用しており、独立した気泡構造により、断熱の大敵である水が入りにくく、断熱性能の劣化を防いでいます。


断熱_03.png断熱_03.png





断熱_06.png断熱_06.png

夏は開く。冬は閉じる。
自然の恵みが家の中はここちよく整えてくれる。

夏と冬、大切な役割をはたすのが、床下と小屋裏にそれぞれ設けた開閉ダンパーです。このダンパーを開けたり閉めたりすることで、室温や湿度を調節します。たとえば夏なら、さわやかな空気が流れ込むようにダンパーを開く。冬なら、あたたかい熱が家の中から逃げないようにダンパーを閉める、といった仕組みです。
太陽光や風など、自然のエネルギーを利用した技術なので、肌にも気持ちよく、また、省エネの効果も期待できます。
また、床下換気口には「角型床下換気口(気密断熱型)」を使用しています。密閉性に優れ、豪雪地帯、強風地帯等の床下換気にも最適。レバーハンドルで開閉が簡単に出来、防虫網もついています。

ロゴなど02_51.pngロゴなど02_51.png
ロゴなど02_56.pngロゴなど02_56.png