規格住宅のメリット

HOME > 規格住宅のメリット


家づくりには、大きく分けて2つの方法があります。1つは施主の注文に応じて設計する「注文住宅」、もう1つは最近、注目が高まっている「規格住宅」です。

注文住宅はその名のとおり、施主の注文に沿って自由に設計する家で、その家族にぴったりなこだわりの家をつくることができます。
しかし、自由度が高い反面、すべてを一から考える必要があるので、時間や労力がかかり、その分、建築費用も高く、予算をオーバーしてしまう事がしばしば見られます。また、計画の段階では、完成後のイメージがしにくい事があるため、お引渡し後にこうすればよかった、これは必要なかったという事が多いようです。
一方、規格住宅は、間取りや仕様をできるだけ統一し、建材や部材を工場で一貫生産した住宅のこと。規格に沿って生産するので、間取りや仕様の変更には制限やルールもありますが、一定水準以上のハイクオリティーな住宅を、より安価に、少ない労力で建てることができます。
またシンプルなデザインと強固な構造をもつ規格住宅は、流行に左右されにくく、年月が経っても長く愛される住まいとなります。
それよりも何よりも、モデルハウスと同じ空間イメージで完成しますから、お引渡しの前からどんな生活をしようかとワクワクしながら、生活設計ができ、お引渡し後もその設計通りの生活ができる様になります。

ロゴなど02_51.pngロゴなど02_51.png
ロゴなど02_56.pngロゴなど02_56.png